【目次】「事務」職員から「大学」職員へ 福島一政氏の講演から

関西学院大学で行われた、第1回高等教育推進センターSD講演会における福島一政氏の講演をまとめたものです。

(「関西学院大学高等教育研究」第2号(2012年3月)所収)

第1回 大学の置かれている状況
第2回 18歳人口の推移
第3回 大学改革とは何か
第4回 大学改革が進まない理由
第5回 大学改革が進まない理由―偏差値志向―
第6回 大学改革が進まない理由―大学経営のプロが決定的に不足している―
第7回 大学改革が進まない理由―目の前の学生に向き合っていない―
第8回 大学改革が進まない理由ー学生が集まりそうな学部・学科を新設すればなんとかなるという幻想にとらわれすぎー
第9回 大学改革が進まない理由―職員に権限が無さ過ぎ―
第10回 大学改革が進まない理由―大学自治の軽視と教授会自治の誤った運用―
第11回 大学職員の現状
第12回 SDの目的と進めるにあたっての自律性と組織性
第13回 SDで何を変えるか
第14回 教職協働で実現すること
第15回 プロフェッショナルな大学職員像
第16回 リーダーの規範となる行動

The following two tabs change content below.
大学職員ブロガーです。テーマは「大学職員のインプットとアウトプット」です。【経歴】 大学卒業後、関西にある私立大学へ奉職し、41年間勤めました。 退職後も、大学職員の自己啓発や勉強のお手伝いをし、未来に希望のもてる大学職員を増やすことができればいいなと考えています。【趣味】読書・音楽(主にジャズとクラシック)・旅 【信条】 健康第一であと10年!