見習いたい村上春樹と山下達郎の健康法 未来に向かうシニアへ

スポンサードリンク

村上春樹と山下達郎

二人の長年のファンである。

村上春樹(67歳)。作家。
山下達郎(63歳)。ミュージシャン。ちなみに私と同年齢である。

二人ともいまだに現役バリバリであるところがすばらしい。一昔前ならとっくに引退していてもおかしくない年齢だ。

どこにその秘訣があるのだろう。

両者にはいくつかの共通点があるように思うのだが、ここでは健康法に限ってそれを探ってみよう。

健康の秘訣

村上春樹の場合

エッセイや近著『村上さんのところ』には、実践している健康法が記されている。

それらをまとめてみた。

【運動編】

  • マラソン(ジョギング)
  • スイミング(夏場はトライアスロンに出場)
  • バイク(同上)
  • ストレッチング(ジムでコーチといっしょにやる、ペアストレッチと呼ばれるやりかた)

【食生活編】

  • 酵素玄米
  • 腹7分目(だったと思う)
  • 就寝数時間前には夕食を終える。
  • 間食はしない。
  • コーヒー好き(健康にはあまり関係ないかもしれないが、脂肪燃焼効果があるといわれている)

【生活編】

  • 早寝早起き
  • あまり人と会ったり、出歩いたりしない(頻繁ではないという意味)。

以上だが、かなり禁欲的な生活だといえると思う。

山下達郎の場合

【運動編】

  • 散歩(週数回1時間程度)
  • 演奏(ツアーやリハーサルでけっこう身体を動かす)

【食生活編】

  • うなぎが大好物(健康に悪いかもしれないが、好きなものを食べて元気が出るのはいいことかもしれない)
  • 永年続けて摂取しているサプリメント(朝のヨーグルトなど)がある。
  • 大瀧詠一夫人にもらった黒酢ニンニク(ことしのツアーでは、声の出が絶好調だそうだ)
  • 月に何回かは休肝日にしている。

【生活編】

  • ツアーでは午前2時から10時まで、かならず睡眠をとる。
  • 若いときのように、演奏後朝まで酒を飲んだりしない。
  • 鼻うがい(森光子に教えてもらった。このおかげかどうか、ここ10年間風邪をひいたことがないとのこと)
  • パワーブリーズ(呼吸器を改善するための器械。歌手で使っている人は多いそうだ。筆者も持っている)
  • ホテルには、マットレス(エアウィーヴ)とマイ枕を持ち込んでいる。
  • ツアー中はマスク着用(冬場だけかな?)

村上氏と比べて、運動は散歩程度と少ない。

だが、若いときと節制の度合いが比べ物にならない、とインタビューで述べていた。

まとめ

活字や音声で知ったことを羅列しただけだから、漏れているものがたくさんあるかもしれない。それは仕方のないことなのでご容赦いただきたいと思う。

さて、還暦をすぎてこれだけ元気な人たちがどれだけいることだろう。

生活習慣病や持病に悩まされている人たちも多いのではないか。筆者のまわりでも健康な人のほうが少ないくらいだ。

超高齢化社会のいま、シニアの生き方が大きな問題となっていると思われる。まだそれほど大きな声にはなっていないが、確実に聞こえてくるのだ。それには経済面の問題ももちろん含まれるが、くりかえしになるが、ここでは健康に限って話をしてきた。

上記のような生活習慣ももちろん大事だと思う。しかし、もっと大事なことがある。

それは、ご両名とも、未来に向かっていることが大きいと思うのだ。

村上氏「若いか若くないかは実年齢ではない。前向きに生きているかどうかだ」

山下氏「誰でも平等に歳をとる。カッコよく歳をとりましょう」

これが、健康で前向きに生きるためのカギだと思えてならないのである。

こちらの記事もどうぞ!

老後に必要なもの

「想像力の欠けるうつろな人間」から脱け出すために

村上春樹の新刊を紀伊國屋書店が「9割買い取り」その理由は?

山下達郎ライブ半分で中止 クリスマスにあらたな伝説が

山下達郎ライブ2015@大阪フェスティバルホールへ参戦

 

The following two tabs change content below.
大学職員ブロガーです。テーマは「大学職員のインプットとアウトプット」です。【経歴】 大学卒業後、関西にある私立大学へ奉職し、41年間勤めました。 退職後も、大学職員の自己啓発や勉強のお手伝いをし、未来に希望のもてる大学職員を増やすことができればいいなと考えています。【趣味】読書・音楽(主にジャズとクラシック)・旅 【信条】 健康第一であと10年!

スポンサードリンク