山下達郎ライブ2015@大阪フェスティバルホールへ参戦

山下達郎最新のLIVEスケジュール

スポンサードリンク

目的に合ったコースで学べる英語学習の新定番!


山下達郎 PERFORMANCE 2015-2016

山下達郎 PERFORMANCE 2015-2016へ参戦してきました。

■2016年1月27日@大阪フェスティバルホール
■18:30〜22:00(3時間半!)

いや〜今回もすごかった!

いやね、還暦をすぎて、3時間半もステージに立てる人いますか?

しかも圧倒的なパフォーマンスですからね。

ほんと、今回もチケットを入手できてラッキーでした。

開演前のルーティン

当日は有給を取って、午後4時頃自宅を出発。

あっ、奥さんといっしょです。彼女はどちらかといえば竹内まりや派なんですが、旦那(私)に頼まれて来てくれています。

いえ、山下達郎が嫌いとか苦手とかいうことはないんです。けっこう昔から聴いてはいるようです。

奥さんといっしょに参戦するのは、昨年に引き続き2回目です。2回ともフェスティバルホールです。

開場30分前頃に到着。

入口にはすでに行列ができていました。

奥さん「どうしてあんなには早くから並んでるの?」、私「きっとグッズを買うんじゃないかな。早いもの勝ちだから」てなことを言いながら、いったん会場をあとにしました。

向かった先はいつものように中華料理の青冥。

ここは通し営業をしているので、便利なんですよね。

6時すぎには会場へ入らないといけませんし、現在時刻は5時すぎですからちょっと中途半端な時間です。

かといってファストフード店も味気ないので、毎回ここで「特選やきそば」を生ビールを飲みながら食べるようにしています。

けっこう高級店なので値は張りますが、おいしいです。

関連ランキング:中華料理 | 大江橋駅北新地駅渡辺橋駅

さて、時間となりました。

パフォーマンス

声は絶好調

会場に流れる山下氏セレクトのドゥ・アップを聴きながら、まず席の確認をしなければ。

今回は1階後方の客席側から見て、右側のいちばん端っこです。

不満がないわけではありませんが、プレミア・チケットが当たっただけでも喜ばねばなりません。

つぎはトイレに行っておかないと。

何しろ、3時間以上休憩なしですから、年齢的にもこれは必須作業です。

ホワイエで開演ギリギリまでシャンパンなどお召し上がりの方々もおられましたが、大丈夫だったのでしょうか(余計なお世話ですけど)。

開演ブザーが鳴り、天吊りPAからア・カペラが流れるといよいよ始まります。

来てよかった!楽しみにしていましたから・・・。

私だけかもしれませんが、心配していたノドのほうは、まったく杞憂に終わりました。

山下達郎ライブ半分で中止 クリスマスにあらたな伝説が | Curation 大学情報をキュレーション

 

 

こういうことは10年に1度ぐらいあるそうです。

今回はこれまでで最高に声が出ているそうですが、その理由として山下氏ご本人いわく、

  • ツアーを続けてきて、やっと30代の調子になってきた。
  • 大滝詠一夫人にもらった黒酢ニンニク

を挙げていました。

バンドの魅力

「ボーカリストのバックバンドとして、国内でワン・オブ・ザ・ベスト」と山下氏自身が賞賛するだけあって、ここ数年のツアーを通して、いまやシロウト耳にもアンサンブルがますますタイトになってきているのを感じます。

すこしでもこのメンバーで、長く聴くことができることを願うばかりです。

大阪への想い

「山下達郎がいまあるのは大阪の皆さんのおかげです」という台詞は、リップサービスではないと思います。

もうミュージシャンはやめようと思っていた時期に、「Bomber」が大阪のディスコから火が点き、やがて全国へとヒットしたことを忘れていないのでしょう。



当日参戦された人たち

今後の活動は?

次回のツアー

2017年の春から始まるそうです。

まだ未体験の方々、ぜひプレミア・チケットを入手してライブを経験してください。間違いなくビックリされることでしょう。

新作の制作とリリース

今年中にニュー・アルバムをリリースしたい、せめてミニ・アルバムでいいから、とのことでした。

客席からの「JOY2を出してくれ」との声には、「録音分を聴くだけで半年かかるんですよ」と笑っていましたが、ライブ終盤のMCでは「5枚組でもいいから出しましょう」と答えていましたが・・・。ライブ・アルバムも期待できそうです。

いずれにしても楽しみに待ちましょう。

嵐の新曲も

さて、ご存知の方も多いかもしれませんが、あらためて。

ライブ会場では、山下氏からアナウンスがあったとき、大きなどよめきが起きていました。まだご存じない方も多いのかもしれません。

そうそう、やってくれていました。でもカッティングをほんのすこしだけでしたよ。

The following two tabs change content below.
大学職員ブロガーです。テーマは「大学職員のインプットとアウトプット」です。【経歴】 大学卒業後、関西にある私立大学へ奉職し、41年間勤めました。 退職後も、大学職員の自己啓発や勉強のお手伝いをし、未来に希望のもてる大学職員を増やすことができればいいなと考えています。【趣味】読書・音楽(主にジャズとクラシック)・旅 【信条】 健康第一であと10年!

スポンサードリンク