山下達郎ライブ半分で中止 クリスマスにあらたな伝説が

スポンサードリンク

現在ツアー中の山下達郎・PERFORMANCE2015-2016。

25日の岩手県民会館でのライブでのこと。

Gの音が出ない

▼これを見たときは驚きました。

じっさいには「中音域もファルセットも全然ダメだった」とのことです。

そして翌日のライブ

翌日は青森での公演。

ファンやスタッフ、竹内まりやさん、そして何より山下氏ご本人は不安だったことでしょう。

▼バンドのコーラススタッフであるお二人の終演後。

haruna

▼会場で聴いた人

10年に1回ぐらい、エヘン虫にやられるそうで、今回は運悪くそういう状態だったそうです。いずれにしても翌日には復調したのですから、よかったよかった。

おたがい歳ですから無理しないでいきましょう

私も山下氏と同年齢です。

ライブもこの数年で数回聴いていますが、3時間以上も唄いどおしで、それはすばらしいステージです。

反面、肉体的に相当無理があるだろうなと感じていました。何しろ同い年ですから・・・。

ファンとしての勝手な要望があります。

演奏時間はもうすこし短くてもいいので、これからも息の長いツアーを行ってほしいと思っています。健康第一ですから。

私も、年明けの1月27日@大阪フェスティバルホールの公演に参戦します。本当に楽しみです。

こんなファンの心配をよそに、当のご本人は今回の報道について、

人のダメなときばかり、ニュースにするマスコミはけしからん。

とお怒りだそうです。

この意気軒昂ぶりだとツアーは大丈夫ですね。

The following two tabs change content below.
大学職員ブロガーです。テーマは「大学職員のインプットとアウトプット」です。【経歴】 大学卒業後、関西にある私立大学へ奉職し、41年間勤めました。 退職後も、大学職員の自己啓発や勉強のお手伝いをし、未来に希望のもてる大学職員を増やすことができればいいなと考えています。【趣味】読書・音楽(主にジャズとクラシック)・旅 【信条】 健康第一であと10年!

スポンサードリンク