ブログ・コンテンツのすべてが自分の主張です

スポンサードリンク

こんな零細ブログでも、エントリーの内容について批判めいた意見をたまに見ることがあります。

高等教育情報のご紹介がコンテンツのメインなので、引用記事の内容を私自身の意見と勘違いされたとしか思えない意見もありました。

このことについて反論しようとはあまり思わないのです。

その情報を「引用」したこと自体が、私自身の偏見であり、意見だと考えています。共感するにせよ批判するにせよ、自分自身が選択したリソースを引用し、未熟な意見を付して読者の皆さまにご紹介する。

そこでは、コンテンツのすべてが自分自身の主張と言えるのではないでしょうか。

明らかな間違いや勘違いの場合は、直ちに修正しようと思っています(ご連絡をいただいたことはまだありませんが、自分でよく間違いに気がつき修正したりしています。ブロガーの皆さんは同じだと思いますが・・・)。

とにかくそのように考えてやっています。

The following two tabs change content below.
大学職員ブロガーです。テーマは「大学職員のインプットとアウトプット」です。【経歴】 大学卒業後、関西にある私立大学へ奉職し、41年間勤めました。 退職後も、大学職員の自己啓発や勉強のお手伝いをし、未来に希望のもてる大学職員を増やすことができればいいなと考えています。【趣味】読書・音楽(主にジャズとクラシック)・旅 【信条】 健康第一であと10年!

スポンサードリンク