京都 舞鶴 ホテルマーレたかた|心地よいホスピタリティで舞鶴観光を【青春18きっぷの旅】

スポンサードリンク

お好み焼きふじ|福知山名物のうす焼きとゴム焼きそば【青春18きっぷの旅】

2016.09.06

みどり食堂 明石でランチ|青春18きっぷの旅 2016夏 明石・姫路編(1)

2016.07.27

舞鶴 ホテルマーレたかた

京丹後の伊根町への道中、舞鶴で一泊した。

宿泊したのがこのホテルマーレたかた。

フロントやレストランでのホスピタリティが心地よく、おかげで快適に過ごすことができた。

舞鶴での宿としておすすめしたい。

さっそくご紹介しよう。

客室

廊下

▲廊下。ごく普通のビジネスホテルの雰囲気。

客室のドア

▲今回は9階のお部屋。

客室その1

▲見渡すとこんな部屋。ひとり旅だと過不足ない。

客室その2 デスク

▲デスクは大きく、ノマド作業には十分。

客室その3 ベッド

▲ベッドはデュベスタイル(羽毛布団を使ったベッドメーキング)で快適。

客室その3

▲通路スペースはさすがに狭いが、これまた不自由はなかった。

客室その4

▲さすがに出口までのスペースは狭いが、別に不自由はなかった。

客室からの眺め

▲ホテルの前は舞鶴湾。この日は雨だったが、それなりに風情のある景観が楽しめた。

バスルームその1

▲バスルーム。極端に狭いホテルもあるが、こちらはまずまず。

バスルームその2

▲アメニティは必要十分。

夕食

この日は雨が降っていたので、ホテル内で夕食をとることにした。

向かったのは「シーサイトレストラン アルカ」。

夕食その1

▲秋のブッフェ(バイキング)も良さそう。大都市のホテルと比べると大人3,000円、飲み放題1,500円は安い。

夕食その2

▲まずは生ビール。

夕食その3

▲料理長おまかせ9種プレート

夕食その4

▲こういうメニューはありですね。あらためて見ても美味しそう。

レストランからの眺め

▲舞鶴湾を望めるロケーション。天気の日はオープンテラスも良さそう。アルコールのせいか、ちょっとセンチメンタルな気分に。

夕食その5

▲舞鶴肉じゃが。これが名物だそう。

夕食その6

▲自宅で食べるものとは、すこし味付けが違うかな?

夕食その7

▲ワインも。

夕食その8

▲シーザーサラダ

和洋中とメニューがそろっているこちらのレストラン。お値段も格安だった。

外食もいいが、こちらでも十分満足できる。

朝食

夕食と同じ「シーサイトレストラン アルカ」で。

朝食はブッフェスタイル。

朝食その1

▲とりあえずこれだけ。

朝食その2

▲品数は少ないが、どれも美味しかった。

朝食その3

▲ここでも肉じゃがが。

朝食その4

▲けっこう色々な品揃え。

感想

フロントもレストランも応対がよかった。

見え透いたサービスではなく、心地よい笑顔によるものだった。

やはり観光業でいちばん大事なことはホスピタリティで、それによって旅の印象がガラリと変わることをあらためて感じた。

ラグジュアリーではないが、快適に過ごせるビジネスホテル。

ホテルマーレたかた、おススメです。

ホテルマーレたかた
by トマレバ
The following two tabs change content below.
大学職員ブロガーです。テーマは「大学職員のインプットとアウトプット」です。【経歴】 大学卒業後、関西にある私立大学へ奉職し、41年間勤めました。 退職後も、大学職員の自己啓発や勉強のお手伝いをし、未来に希望のもてる大学職員を増やすことができればいいなと考えています。【趣味】読書・音楽(主にジャズとクラシック)・旅 【信条】 健康第一であと10年!

スポンサードリンク