お好み焼きふじ|福知山名物のうす焼きとゴム焼きそば【青春18きっぷの旅】

スポンサードリンク

福知山名物のうす焼きとゴム焼きそば

青春18きっぷで舞鶴へ向う途中、福知山に立ち寄った。

名物のうす焼きとゴム焼きそばを食べるためである。

向かった先は「お好み焼きふじ」。

JR福知山駅から徒歩で15分ほど。お昼時だったが、店内には誰もいなかった。

「こんにちは〜」と言うと、年配の女性が「暑いですね」と出てこられた。

遠くから来られる方も多いらしく、「先日も金沢から若い女性がひとりで来ましたよ。7時間かかったと言ってました」。

今回、言いたいことはただひとつ。

福知山へ行かれることがあれば、このお店はぜったい訪問すべきだ。

お好み焼きふじ

うす焼き

▼「あつ焼」はおそらく普通のお好み焼き。まず「うす焼の豚玉」を注文。

お好み焼きふじのメニュー

▼ネギ焼きといえばわかりやすいか。

お好み焼きふじの豚玉うす焼き

天かす、煮込んだ牛すじ・いわしの竹輪、そして地元福知山産のネギをたっぷり。

ソースと青ノリはお好みで。

▼薄さをわかっていただけるだろうか。

お好み焼きふじの豚玉うす焼き

▼あっさりとして、とてもおいしい。

お好み焼きふじの豚玉うす焼き

ゴム焼きそば

▼これで1人前。

お好み焼きふじのゴム焼きそば

「かんすい」を使用した中華麺。

蒸した広東麺なので、「かんすい」があまり抜けずゴムのような茶色で独特の食感。



両丹日日新聞によると、ゴム焼きそばの発祥についてこうある。

ゴム焼きそばは、東中ノ町のお好み焼き店「神戸焼」の元店主、故・永井孝三郎さんが、戦時中に中国で食べた広東麺のおいしさに魅せられて、戦後に自分の店で出したのが始まり。市内の製麺所と一緒に麺作りを研究し、自家製の広東麺を生み出した。

現在は、厚中問屋町の有限会社高見製麺所(高見英雄社長)が作る麺を使う。永井さんが亡くなってからは、家族がその味を受け継ぎ、今は店を切り盛りする3女の杉田絹子さん(68)がゴム焼きそばを作る。

▼もちもちした食感が特色

お好み焼きふじのゴム焼きそば

▼店内にはサインなど取材の記録がいっぱい。

お好み焼きふじの店内はサインなど取材の記録でいっぱい

読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」でB級グルメ第1位になったそうだ。

関西では有名な「Mのランチ」「Mのディナー」のMさんが、女将さんといっしょに撮った写真もあった。Mさんってこういう人だったんだ。

紹介された雑誌も店内にたくさんあり、女将さんが次々と見せてくれた。

▼お店を出て「けやき通り」という名のシャッター通りを歩く。このあと惨劇が起こるのも知らずに…。

福知山市けやき通り

「滞在時間があまりないので、福知山城をせめて拝んで帰りたい」と言って、女将さんに近道を教えてもらった。

ところが歩きはじめたころからぽつぽつと雨が降りはじめた。

福知山城が見えたころにはドシャ降り状態で、お城を拝むどころではなく、全身ズブ濡れ状態になってしまった。

そんな状態で東舞鶴へ向かう電車に乗り込んだのだった。

女将さんのホスピタリティがオススメする理由

このお店の魅力は女将さんにある。

それがすべてなのだが、ついでに(といっては悪いが)名物のうす焼きとゴム焼きそばを食べることができる、という感じだ。

どうしてあのように感じのいい応対ができるのか、なんども考えざるをえなかった。

創業40年近くになる、福知山が誇る「お好み焼きふじ」。

何の予備知識もなくお店の前に来れば、通り過ぎることは確実(失礼)の風情なのだが、あたたかい接客に「かならずもういちど来よう」と驚かされるお店なのだ。

次回は夜に訪問することにしよう。

関連ランキング:お好み焼き | 福知山駅福知山市民病院口駅

大阪駅から行く青春18きっぷの旅 (えるまがMOOK)

大阪駅から行く青春18きっぷの旅 (えるまがMOOK)

  • 作者:京阪神エルマガジン社
  • 出版社:京阪神エルマガジン社
  • 発売日: 2015-07-13
The following two tabs change content below.
大学職員ブロガーです。テーマは「大学職員のインプットとアウトプット」です。【経歴】 大学卒業後、関西にある私立大学へ奉職し、41年間勤めました。 退職後も、大学職員の自己啓発や勉強のお手伝いをし、未来に希望のもてる大学職員を増やすことができればいいなと考えています。【趣味】読書・音楽(主にジャズとクラシック)・旅 【信条】 健康第一であと10年!

スポンサードリンク