『ジャズ喫茶が僕を歩かせる』―現役ジャズ・スポット探訪記第3弾【書評】

スポンサードリンク

『東京ジャズメモリー』(文芸社)、『昭和・東京・ジャズ喫茶』(DU BOOKS)に続く、本書は第3弾である。ちなみに著者は日本人である。

往年のジャズ・ファンのためのジャズ喫茶行脚だが、わが国特有の「ジャズ喫茶」という文化についての貴重な記録にもなっている労作である。

それではご紹介しよう。

『ジャズ喫茶が僕を歩かせる 現役ジャズ・スポットをめぐる旅』シュート・アロー著(DU BOOKS)

ジャズ喫茶行脚

筆者の学生時代はヒマがあればジャズ喫茶にたむろしていた。

古本屋かジャズ喫茶にいるのが日課だったし、それ以外のことはしたくなかったのである。ノンポリ学生にはそんな時代だったのかもしれない。

地元大阪はもちろんのこと、京都、神戸、そして東京まで足を伸ばしたこともある。

本書を読むと、じつにその楽しさがよく伝わってくる。いまでも現役で営業しているジャズ喫茶を訪問することは、けっこう楽しいもので、じつは細々ながら筆者もやっていることなのだ。

旅に出ると探すのが、その日の夕食場所(たいていは居酒屋)。そしてカフェ、喫茶店だが、それがジャズ喫茶であればなおよい。

近年は語れるほどのことではないが、一関のベイシー、神戸のM&Mを訪問した程度である。それでも機会があればもっと訪れたいと思ってはいるのである。

資料を駆使した丁寧な記述

そういうわけで積ん読していた本書、就寝前にすこしづつ読みはじめ、数日かけて読了した。

往年のジャズ・ファンであれば楽しめること請け合いである。2点も続編が出版されるということは、好評であるからにちがいない。

本書で紹介されているお店は以下のとおり。

ブルーノート(京都)
海(埼玉・朝霞)
メグ(東京・吉祥寺)
ロンパーチッチ(東京・中野)
トゥルネ・ラ・パージュ(静岡・浜松)
ピーター・キャット(国分寺/千駄ヶ谷)
JAZZ Olympus!(東京・神保町)
グッドベイト(愛知・知立)
ホワッツニュー(大阪・梅田)
ディア・ロード(大阪・放出)
ユリ(愛知・名古屋)

村上春樹氏の経営で有名なピーター・キャットを除けば、すべていまだ現役のお店のようだ。

筆者が行ったことのあるところは京都のブルーノート一軒のみでお恥ずかしい次第である。

このなかで行ってみたいお店は、まず地元のディア・ロード。つぎが、約3万5千枚のレコード・コレクションと80冊のレコードリストがあるというグッドベイトである。

ここらあたりから旅に出てみよう、と想像するだけでワクワクしてくる。

わかりやすい文章で楽しく読むことができるが、多くの資料を駆使して丁寧な記述がなされていることは、見逃してはならない点であろう。

最後に

ところで、著者はジャズ・スポット・ウォッチャー・ソサエティ(JSWS)代表ということだが、この団体ググっても出てこない。可能であればぜひ入会したいのだが、どうすればいいのだろう?

【参考】筆者がジャズ・スポット探訪の参考にしているサイト

JAZZ協同組合

Kobejazz.jp ジャズ探訪記

 

The following two tabs change content below.
大学職員ブロガーです。テーマは「大学職員のインプットとアウトプット」です。【経歴】 大学卒業後、関西にある私立大学へ奉職し、41年間勤めました。 退職後も、大学職員の自己啓発や勉強のお手伝いをし、未来に希望のもてる大学職員を増やすことができればいいなと考えています。【趣味】読書・音楽(主にジャズとクラシック)・旅 【信条】 健康第一であと10年!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です