イケダハヤト氏のブログは仕事のストレスを無くしてくれる。

スポンサードリンク

イケダハヤト氏のこのエントリー、グサリと刺さりました。

同氏のブログは、仕事のストレスを無くしてくれます。

環境が悪いんですよ

仕事や生活がうまくいかないとき、私たちは、自分の無能を原因にすることが多いですよね。

イケダ氏は「あなたが悪いわけではない。環境が悪いんですよ」と述べておられます。私にとって、これは眼から鱗でした。

そういえば、学生でも社会人でも、環境が変わるとガラリと激変した人たちを見た経験も少なからずあります。

どうすればいいのか

解決策として、

  • まずは環境を疑う。
  • そこから出て、別の場所に移動する。
  • そこがダメならまた移動する。

ことを提案されています。

当のイケダ氏も、

大企業を1年で辞めてベンチャーに。それも1年で辞めてフリーランスに。コンサルタントを辞めてプロブロガーに。東京を捨てて、高知市に。高知市を抜けて、本山町の限界集落に。われながら、環境変えすぎです。

でも、だからこそ、今のイケダハヤトがあるんです。環境を選択した結果として、今のぼくがあるということです。

そして最後に、

  • 誰にでも欠点はある。それ自体は悪いことではない。
  • そう認識して先へ進んでいきましょう。

と締めくくっておられます。

外へ飛び出しましょう

これをお読みのあなた。

あなたが職場で認められなかったり、働きがいが感じられないのは、あなたの能力のせいだけではないかもしれないのです。これは本質的かつ根源的な問題です。

「やはり努力しないと」「そんな問題じゃない」といった反論とは次元が違うような気がします。

人は理屈では動きません。「情動」で動くといいます。モチベーションの上がらない環境で人が成長することは困難です。

いきなり転職や移住をするのも無理があると思いますが、まずは自分の環境を客観的に見てみることから始めてはどうかと思うのです。

そして、外の世界を見てみましょう。色々な人と会ったりセミナーに参加したりすることも有益ではないでしょうか。まずはそこから始めましょう。

The following two tabs change content below.
大学職員ブロガーです。テーマは「大学職員のインプットとアウトプット」です。【経歴】 大学卒業後、関西にある私立大学へ奉職し、41年間勤めました。 退職後も、大学職員の自己啓発や勉強のお手伝いをし、未来に希望のもてる大学職員を増やすことができればいいなと考えています。【趣味】読書・音楽(主にジャズとクラシック)・旅 【信条】 健康第一であと10年!

スポンサードリンク