小樽 伊勢鮨―ランチ16貫をすべてご紹介

小樽 伊勢鮨

スポンサードリンク

目的に合ったコースで学べる英語学習の新定番!


はじめに

小樽の伊勢鮨へ伺ってきた。

この日は「旬」という16貫のランチコースを予約していた。

なお、訪れたのは5月末である。

ネタについては季節によってもちろん異なるので、参考ということでご覧頂きたい。

それでは16貫を一気にご紹介しよう。

小樽 伊勢鮨のランチ16貫を全部ご紹介

とりあえず、北海道の定番ビール、サッポロクラシックの生を。

いや〜、ついにやってきた。

札幌クラシックの生ビール、岩のりクラゲとイカの塩辛

▼お通し。

岩のりクラゲとイカの塩辛。

岩のりクラゲとイカの塩辛

▼時鮭(ときしらず)

時鮭(時しらず)

▼鮪 赤身のヅケ(大間産)

マグロ 赤身ヅケ(大間産)

▼鮪 中トロのヅケ(大間産)

マグロ 中トロヅケ(大間産)

▼鯖

 

鯖

▼ニシン

これははじめて食べた。

よほど新鮮でないと食べることができないそうだ。

ニシン

▼ボタンエビ

この日のナンバーワンはこれ!

ボタンエビ

▼帆立

帆立

▼ツブ貝

ツブ貝

▼ホッキ貝

ホッキ貝

▼シャコ

これもおいしかった。

ミッチリという感じ。

シャコ

▼ズワイガニ

ズワイガニ

▼イクラ

凡百のものとは味が違う。

イクラ

▼氷下魚(こまい)の卵

これもはじめて食べた。

氷下魚(コマイ)の卵

▼(左)バフンウニ(右)ムラサキウニの食べ比べ

バフンウニがおいしかった。

好みは人それぞれ。

(左)ムラサキウニ(右)バフンウニ

最後にアラ汁(石狩汁)が出た。

天然鮭や時しらずのカマなどを使っているそうだが、すばらしい出汁になっていた。

これで15貫。

あ〜、おいしかった!

1貫足りないのは撮り忘れたから(汗)。

第1貫目だったのだが、たしかヒラメの昆布〆だったと思う。



伊勢鮨をオススメする理由

こちらのお店を強くオススメする理由はほかにもある。

それは、

  • ホスピタリティがよい
  • お値段がリーズナブル

だ。

予約の電話での丁寧な応対。

清潔な店内。

店員の笑顔とキビキビした対応。

大都会だとこの2倍は請求されるであろうお値段。

などなど。

ちなみにこの日のお勘定は、2名で15,000円だった。

一人でも楽しめるお店だと思うけれど、できればパートナーと訪れたい。

きっと感謝されることは間違いないだろうし、小樽運河や堺町通り商店街とならんで、一生の思い出になることだろう。

次回は夜に訪問したい。

お店情報

関連ランキング:寿司 | 小樽駅

The following two tabs change content below.
大学職員ブロガーです。テーマは「大学職員のインプットとアウトプット」です。【経歴】 大学卒業後、関西にある私立大学へ奉職し、41年間勤めました。 退職後も、大学職員の自己啓発や勉強のお手伝いをし、未来に希望のもてる大学職員を増やすことができればいいなと考えています。【趣味】読書・音楽(主にジャズとクラシック)・旅 【信条】 健康第一であと10年!

スポンサードリンク

小樽 伊勢鮨