フェイスブックfacebookでやめたほうがいいと思う3つのこと

スポンサードリンク

とりわけフェイスブックで、ちょっとそれはやめたほうがいいんじゃないの、と思うことが3点。

いまだにやっている人が多いので、ちょっとまとめてみました。

人それぞれですから強制するつもりはありませんが、これがエチケットのようなものですから推奨したいです。

1.顔出しをしていない

いまだに多くの人たちが顔出しをしていません。

いま「知り合いかも」を見ているのですが、バストアップの顔写真をアップしている人のほうが少数ですね。

では、顔写真ではない人たちはどうかというと、

  • 写真も画像もなし
  • 後ろ姿の写真
  • 植物
  • 似顔絵(これ、けっこう多いですよね)
  • ペット
  • 複数の人間が写っている写真

などなどです。

これでは同級生や顔見知りの友人などが、本人を特定することがむずかしくなります。

フェイスブックは、“face”bookというくらいですから、顔写真がすべてだという人もいます。

とにかく実名・顔出しが条件です。

日本ではこれが馴染まないと、初期のころ言われたそうですが、普及の結果はご存知のとおりです。

顔出しをしていない人は、mixiなどの気分でやっていて、本来実名・顔出しが条件ということを知らない人もいるのかもしれません。

人それぞれではありますが、特別の事情(そんなものがあるとして)のないかぎり、顔出しはしたほうがいいのではないでしょうか。

スマホでセルフィー(自撮り)すれば、アップするまで数分でできるようなことなのですから。

2.友達申請をするときに、メッセージを送らない

知らない人から友達リクエストが送られてくる場合があります。

いかにも怪しいものは削除しますが、ひょっとして知り合いかもしれないし、個人的に興味をもってくださっている人かもしれません。

そのために、ひとことメッセを送ってもらうと助かります。

またそれが礼儀というものでしょう。

3.「いいね!」を増やすことに一生懸命

「おはようおじさん」ではないですが、「いいね!」数の多寡などに意味はないと思います。

いまだに友達5,000人、1投稿あたり1,000「いいね!」を目指すことを目標にしているセミナーがあるそうです。

そこで知り合った人たちとつながり、お互いが「いいね!」し合うのだそうですが、そういうことに何の意味があるのでしょうか?それにそういうことをするだけで、けっこう毎日忙しいのではないでしょうか。

そこにはそれだけの手間をかけたあとのメリットが見えません。

百歩譲って、Facebookページであれば、人気ページとして多少のブランディング効果はあるかもしれませんが、個人ページではまったく無意味です。

たしかに「いいね!」数が増えるのは嬉しいことはたしかです。しかし、それは人と比べるものではありませんし、多いからといって自慢できるものでもありません。

まとめ

SNSの目的は、

  • 交流
  • 情報収集

といわれています。

リアルで会ったことのある人たちとつながり、交流するツールなのです。

友達数や「いいね!」数の多寡に意味はありません。

それよりも、つながっている人たちと交流することのほうが、ずっと楽しく大事なことではないでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
大学職員ブロガーです。テーマは「大学職員のインプットとアウトプット」です。【経歴】 大学卒業後、関西にある私立大学へ奉職し、41年間勤めました。 退職後も、大学職員の自己啓発や勉強のお手伝いをし、未来に希望のもてる大学職員を増やすことができればいいなと考えています。【趣味】読書・音楽(主にジャズとクラシック)・旅 【信条】 健康第一であと10年!

スポンサードリンク