【映画】ニューヨークのファッションアイコンー「アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー」

スポンサードリンク

【映画】ニューヨークのファッションアイコンー「アイリス・アプフェル! 94歳のニューヨーカー」

作品について

アイリス・アプフェル(Iris Apfel)はニューヨークのインテリアデザイナー。

その生活を“米ドキュメンタリー映画の巨匠”アルバート・メイズルスが撮影したドキュメンタリー映画である。

4年以上にわたって、約200時間の撮影を行ったそうだ。

80台の新人

アイリスが一躍有名になったのは、彼女のファッション・コレクションの展覧会がメトロポリタン美術館で開催され、驚異的な動員数を記録してからだ。

それ以来、大きなメガネがトレードマークのファッションアイコンとして愛され続けているという。

それが84歳!超高齢化社会のアイコンでもある。

見どころ

3点ある。

  1. 親しい人たちとの交流
  2. ご主人との関係(残念ながらご主人は101歳!を目前に亡くなったそうだ。もちろん本作品では元気である)
  3. アイリス語録

1.親しい人たちとの交流

誰もアイリスを高齢者扱いしない、それなりに気は使ってはいるのだろうが、その応対ぶりは高齢者へのそれではなく、「現役」の人間への対応そのもの。

2.ご主人との会話

とにかく仲睦まじい。

お互いをいたわりながら生活し、行動する、100歳と94歳の夫婦。

その様子を見ることができるだけでも嬉しい。

3.アイリス語録

たとえばこんな具合である。

特にルールはないの。

あっても破るだけ。

自分を美人だと思ったことは、一度もない。

私みたいな女は、努力して魅力を身につけるの。

色々な事を学び個性を磨くのよ。

歳をとり体が弱ると、後ろ向きになる人も多い。

でも、重病じゃないなら、自分を駆り立てなきゃ。

外へ出て、調子の悪さを忘れるの。

すきなことで前向きに生きる人生

平凡な表現になるが、勇気をもらえる作品だ。

自分がすきなことを一生つらぬき通し、偶然(必然?)にも84歳にしてさらに有名になったアイリス。

自分の人生は自分が決める。そして自分らしく生きる。

そんな当たり前のことをあらためて教えてくれる人生の大先輩。

ぜひご覧いただきたい。

 

The following two tabs change content below.
大学職員ブロガーです。テーマは「大学職員のインプットとアウトプット」です。【経歴】 大学卒業後、関西にある私立大学へ奉職し、41年間勤めました。 退職後も、大学職員の自己啓発や勉強のお手伝いをし、未来に希望のもてる大学職員を増やすことができればいいなと考えています。【趣味】読書・音楽(主にジャズとクラシック)・旅 【信条】 健康第一であと10年!

スポンサードリンク